介護ホームの特徴について

  • 介護ホーム利用について

    • 介護ホーム利用するにあたり、現金の管理は自己管理を原則とし、入居者本人が認知症などでどうしても自己管理できない場合、施設管理しているところがあります。

      自己管理では、多額の現金は手元に置かず、できるだけ預貯金にしておくように依頼しています。

      産経ニュース情報サイトを使用する機会が増えています。

      現金の保管については、施錠できるロッカーや引き出しを用意し、施錠を習慣付けるように依頼することが多いです。
      施設管理では、自己管理が困難な場合、または入居者本人や家族から依頼があった場合に限り、現金の管理を介護ホームが行うこともあります。

      管理の方法については介護ホームによってさまざまですが、個人ごとの現金出納帳を備えて出入金の都度記載しておくことが必要です。



      出金の場合には、必ず裏付けとなる領収書を保管しておくことが大切です。

      領収書のない場合は、証明できる職員の署名押印、または具体的に証明するものを添付することが必要です。


      金庫のなかに入居者別の袋に小口現金を入れ、要請に応じて出金する施設も多々あり、管理上好ましくないです。

      年度当初に数十万円の仮払金を施設会計より出し、入居者が使用した費用をそこから立て替えておき、後日入居者の預貯金から清算し、年度の終わりに同額を施設会計に戻すという方法をとると、常に仁の現金を保管するリスクを避けることができます。
      また、預かり金の収支明細書については、通帳や出納記録によって、定期的に入居者やその家族に確認してもらうことが必要です。



top